聖杯

【脱養分】仮想通貨トレードで稼ぐために必要な考え方

今回は私がトレードする上で考えていることをご説明します。

ICOとアルトコインについてとBTCFXの2つの項目について解説します。

結論から言います。

ICOやアルトコイントレードで一番大切にしていることは需給です。

BTCFXでは対象の金融商品の特性や取引所の特性をよく理解し歪んでいたり優位性が出せるポイントを探しています。

ICOやアルトコイントレードで大切にしていたこと

2017年~2018年にいくつかICOに参加しましたが6銘柄参加して5勝1敗と勝率はかなり良い方だと思います。

具体的にどう考えて投資していたかをご説明します。

一番大事にしていたのは自分が購入した後に誰が上値を買うのかイメージ出来る銘柄を選ぶことです(上場しているアルトコインの場合も応用可)

これを実現するために3つの点を重視して銘柄選定していました。

ICOで重要視していた3点のポイント

  • 調達額の小さい銘柄
  • セール期間の短い銘柄
  • 購入ハードルが高い銘柄

ICOで資金調達した銘柄が上昇するには上場後買ってくれる投資家が現れる必要があります。

資金調達額が小さい場合、ICOセールで買えず上場後に買いたい投資家が現れる可能性が高くなります。

セール期間が短い銘柄も同様です。

購入ハードルが高い銘柄はQKCなどです。

ホワイトリスト登録のためにクイズがあったり購入ハードルが高いものは買えなかった投資家が上場後買う可能性が高いです。

いくつか例を出します。

例1:QASH

QASHのICOにした理由

  • 数少ない国内でのICOで十分完売の可能性が高かった
  • セール期間の短かった
  • ICO時点でLiquidの口座を所有している人が非常に限られていた

QASHはLiquidが2017年末に実施されたICOです。

ICO時点ではLiquidの口座を持っている人は非常に限られていました。

アービトラージをやっている人は大体持っていましたが、それ以外の人は持っていない人の方が多かったはずです。

実際にICOのタイミングでも口座開設が間に合わないという人が多数いました。

以上の3点を考慮し上場後口座開設が間に合わなかった人たちが上値を買うことを想定しICOに参加しました。

例2:Centrality

CentralityのICOに参加した理由

  • ICOの情報を知っていた人が一部の人に限られていた
  • 事前期待値が非常に高かった
  • 即完売濃厚でICOで買えなかった人たちが上値を買うことを想定出来た

Centralityは2018年1月に実施されたICOです。

CentralityのICOは事前期待値が異常に高くなおかつICOがあること自体限られた人しか知らないという状態でした。

実際購入のためにブロックハウスに登録し買えなかった人がほとんどです。

私は運良く買え、事前期待値の高さからもICO割れはほとんど考えられないような状態でした。

以上の3点を考慮しCentraliyのICOに参加しました。

例3:FT

アルトコインについても一つ例を出します。

FTトークンを購入した理由

  • ルールが複雑だった
  • エクセルで想定日利を計算し配当のみで原資回収の可能性が高かった
  • 中華銘柄だった
  • 有望なVCが参加していた

FTはFcoinという取引所の配当型の取引所トークンです。

FTの何が良かったかと言うとルールを理解するまでの難易度の高さです。

マイニングによりロックされたトークンが解凍されていくタイプの配当型取引所トークンのルール自体がまだ認知されていなかったため、私が興味を持った時点で熱そうだけど中々手が出ないという人が大勢いました。

まずルールを理解し、想定される日利をエクセルで計算したところ日利10%~20%は実現可能な計算でした。

後は中華銘柄だった点です。この頃は2018年の半ばあたりで国内市場はCoincheckのハッキング騒動等があり冷え込んでいました。

中華銘柄だけは割と元気がある状態だったので中華銘柄を好んで参加していました。

あとは有望なVCが参加していた点も評価ポイントでした。

また自分が後発でないことを認識するためにテレグラムの参加者の増加ペースもチェックしていました。

FTの撤退タイミングを探る上で重要視していた点

  • 短期間で日本語テレグラムが2000人くらいの規模のグループになった
  • 自分で考えないでトークンを買った方が良いかを他の参加者に意見を求める人が増えた

肌感覚ですが、日本語テレグラムの場合短期間で2000人くらいのグループになった場合やは割と黄色信号だと思っています。

後はチャートの形状やその後材料が出る可能性等々を総合的に判断し撤退のタイミングを探ります。

末期で撤退するというよりは、まだ過熱感はあるけれどピーク時に比べるとだいぶ落ちてるぐらいのタイミングで撤退することが多いです。

このように誰が上値を買うのか具体的に説明出来る銘柄を選定し投資していました。

良いプロジェクトだから誰かに薦められたからでは投資する理由としては非常に弱いです。

逆にどんなにプロジェクトが良くてもハードキャップが大きくICOの時点で欲しい人がほとんど買えてしまう銘柄はスルーしていました。

発行枚数×ICO価格などでCoinmarketCapのどのくらいの位置にランクインするかなども目安となるでしょう。

日本人しか買っていないのに割と上位に来るようなものは危ないです。

こういう銘柄はサプライズで大手取引所に上場した場合以外はほとんどの確率でICO割れしますし、そこに賭けて資金をベットするのは非常にリスキーだと考えていました。

上場しているアルトコインを購入する場合も誰が上値を買うのかを想定してから買う。

基本的にメジャーアルト以外はほとんどテクニカル分析は意味がないと思っているので、イベントドリブンのようなトレードが多いです。

具体的にはSWELL前に仕込んで期待で上がったところで売り抜けたり、ステーキング・メインネット移行・ハードフォークなどなどです。

Centralityに関しては一度手放していますが2019年の3月末か4月あたりから再度ホールドしています。個人的に一番ホールド期間が長い銘柄です。

理由としては、ハッカーによるDUMPにより著しく価格が下がって割安だと判断したのとセントラリティの問題点であったマーケティング部分が改善されれば復活の可能性が高いと考えたからです。

実際に底値から既に10倍くらいになっていますが、まだファンダの材料はほとんど出していないのでメインネット移行しファンダメンタル材料を確認するまではホールドし続けます。

セントラリティは来年中にCMCのランキング20位以内に入ると個人的には思っています。

11/17現在で38位くらいです。

BTCFXトレードをする上で考えていたこと

次にBTCFXトレードを行う上で大事にしている点です。

BTCFXトレードを行う上で大事にしている点

  • 価格が大きく動く情報を事前に察知する(InagoFlyerなど)
  • 複数の取引所のチャートからどちらに動くかを予測する(黒マチャートなど)
  • スプレッドが低く・出来るだけレートの動く速度が遅い業者で注文する
  • 設定ミスなどが多い新規業者の調査をする
  • 遅延等業者特有の事象で優位性が出せるポイントを探す

例1:GMOコインバブル

ご覧の通り凍結済みですが、国内のBTCFXで稼げたネタの中で個人的に一番なのがこれです。

ただ先発組は早い人で3日で凍結とかなので、凍結ラッシュの後始めた人は数ヶ月凍結せず一番美味しい思いを出来たと思います。

数ヶ月凍結せずに済んだ人はサボらずやっていれば数千万円くらいは抜けているはずです。

短期間に爆発的に稼ぐネタを見つけるには

  • 新規業者は必ずチェックする
  • SNSで情報収集する
  • 過去に稼げたネタの焼き回しが出来ないか調べる
  • 少額で良いのでリアル口座で検証する

新規業者は必ずチェックしましょう。

顧客と利益相反する業者の場合、基本的に業者はどんどん賢くなります。

業者側に顧客のデータが貯まり稼げる隙間があれば、どんどん潰されていくのです。

実際にGMOコインもただスプレッドを広げるだけでなくどんどん賢くなっていきました。

基本的と書いたのは例外もあるからです。

顧客囲い込みのためにスプレッド競争を始めた場合

為替でも過去にありましたが、顧客囲い込みのために過度なスプレッド競争に走る場合があります。

その場合は、通常よりも難易度は下がるので条件次第では稼ぐチャンスです。

BTCFXにおいてもこれからそういう競争がまたあるはずですので、その時のために口座は準備しておきましょう。

新規業者を調査するのは凄く重要でPrimeXBTの記事を過去に書いていますが、他の人が触らないような業者も結構調べたりします。

検証自体少額入金するだけですしほとんどコストもかかりません。

SNSで情報収集する

SNSで敏感にアンテナを貼っていると情報を拾うことが出来ます。

私がGMOコインの情報を知ったのはTwitterです。

ニイヤンさんが毎日凄く稼いでたのを見て何かあると思って調べたのがキッカケです。

実際1万円入れて数時間検証しただけで、これは勝てると確信しました。

承認欲求に負けたり単純に使ってる業者くらいバレても良いと思っていたりツイートする理由は様々ですが大きく稼いでいる人がいる取引所は何かあると思って調べるのが良いです。

あとはBitflyerなど板取引の業者情報はnoteなどの有料記事を参考にする場合が多かったです。

ただし購入したものをそのまま使って利益になるという事例は少なかったです。

現在はAPI制限とレバ規制による出来高減少でπが小さいのでオススメ出来ません。

過去に稼げたネタの焼き回しが出来ないか調べる

Bitflyerで端数botというbotが流行したことがあります。

端数botリンク

端数botとはBitflyerの端数処理の仕方を利用して稼ぐ方法です。

流行り始めて数日で対策されましたが聖杯でした。

ほとんどの人は対策されて使えなくなった時点で辞めるのですが、この端数botの仕組みが他業者で使えないか調べた人はどれだけいるでしょうか⁉

多分ほとんどいないと思います。

国内外の主要業者全業者でこれを調べるのは労力はかかりますが、他人がめんどくさがってやらないところを地道にやることで周りと差が出ます。

正直トレードをやらない人からしたらトレードで稼ぐことを楽だと思っている人は多いと思いますが、こういう地味な作業がほとんどですし稼ぎは普通に働くより多いかもしれませんが全然楽ではありません。

稼げるネタを持っているうちに次の稼げるネタを地道に探すのです。稼げるネタがあるからとサボっていると途中でネタがなくなって困ります。

たまたま運良く稼げるネタを見つける場合もありますが、業者と利益相反するような取引所でも板取引の取引所を攻略する場合でも長いスパンでこの業界にいる人はみんな裏で地道な努力をしていると思います。

  • この記事を書いた人

あらし

専業トレーダー/為替9年/仮想通貨3年/高頻度bot運用・裁量スキャ・2WAY業者攻略・需給を意識したアルトコイントレードを主軸にトレード/問い合わせ先:ブログの問い合わせフォームもしくはTwitterでDMお願い致します。

-聖杯

Copyright© 嵐の仮想通貨ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.