BTCFX 厳選おすすめサイト

トレードに役立つおすすめサイトを厳選して紹介【ビットコインFX編】

ビットコインFXに役立つおすすめサイトを厳選して紹介します。

トレードに役立つおすすめサイトを厳選紹介は全部で三部を予定しています。

  • アルトコイン編
  • ビットコインFX編
  • システムトレーダー編

今回はビットコインFX編です。

ビットコインFXに役立つツールは非常に多いです。それらのほとんどが有志の方々が無償で提供しています。

今回はトレードスタイルに合わせて、どのツールを利用すれば良いかをご紹介します。

スキャルピングで利用すべきツール

  • 黒マチャート
  • InagoFlyer・わくわくお相撲ランド
  • DECOBOARD
  • Whale Alert

デイトレードで利用すべきツール

  • 黒マチャート・TradingView
  • Inagoflyer・わくわくお相撲ランド
  • DECOBOARD
  • Whale Alert
  • BTC情報アラート

スイングトレードで利用すべきツール

  • TradingView
  • BTC情報アラート

ではさっそくビットコインFXに役立つオススメサイトを厳選して紹介します。

黒マチャート

ビットコインFXを行う上で黒マチャートはなくてはならないサービスです。

一時期運営費の問題でサービス停止していた時期があり、TradingViewのPro+で代用していましたがベゼルの部分が少なく4分割チャートにした時に一番見やすいのが黒マチャートなので重宝しています。

私の場合は、ラインを引くくらいでインジケーターはほとんど使わないので黒マチャートで提供されているサービスで問題なくトレード出来ています。

インジケーターを使った分析やバックテストなどを行いたい場合は、TradingViewを導入した方が良いでしょう。

黒マチャートを利用すべき取引時間軸

  • スキャルピング
  • デイトレード

デイトレードやスイングトレードでインジケーターによる分析が必要な場合はTradingViewを利用しましょう。

TradingView

TradingViewは無料で利用出来る高性能のチャート分析ツールです。

何百種類ものインジケーターを利用しチャート分析を行うことが出来ます。

二分割チャートや四分割チャートを利用するには有料版を契約する必要があります。

またTradingViewでは投資戦略テスターを使ってバックテストを行うことも可能です。

TradingViewを利用すべき取引時間軸

  • デイトレード
  • スイングトレード

高度なチャート分析⇨TradingView

シンプルで見やすい4分割チャート⇨黒マチャート

用途にわけて使い分けてみてください。

InagoFlyer・わくわくお相撲ランド

InagoFlyerわくわくお相撲ランドはどこの業者で成行注文が多く発生したかを視覚と聴覚でわかりやすく知ることが出来ます。

時間軸の短いいわゆるスキャルピングトレードを好むトレーダーには必須アイテムです。

個人的にはInagoFlyerを使っています。

速度的には、わくわくお相撲ランドの方が速いようです。

なぜInagoflyerの方を使っているかというと

わくわくお相撲ランドのイナゴローソク足の縦の動きとお相撲さんの横の動きを同時に見てると酔うからです 笑

非常に素晴らしいサービスなんですが、長時間集中して見続けるにはInagoFlyerの方が負担が少ないのでそちらを使っています。

InagoFlyer・わくわくお相撲ランドを利用すべき取引時間軸

  • スキャルピング
  • デイトレード

長時間のスキャルピングでも視覚的負担が少ない⇨Inagoflyer

最速でいなご情報を知りたい⇨わくわくお相撲ランド

Twitter(ツイッター)

ビットコインFXを行う上ではTwitter(ツイッター)も非常に重要です。

今回は初心者の人のためにビットコインFXトレーダーリストを作成しました。

ビットコインFXトレーダーのリストを追加

こちらのツイッターリストを追加すればひと目でチェックすべきトレーダーのツイートが見ることが出来ます。

ただ上手い人のポジションを真似するのではなく、どういう根拠でポジションを持っているかなどを推察しながら利用しましょう。

DECOBOARD

DECOBOARDはbitFlyer/BitMEX/Bitfinexの板情報を一覧できるサービスです。

開発者はえーす級ぷろぐらまーさんです。

DECOBOARDにより主要取引所の板を一覧で見れ視覚的に非常にわかりやすく、トレードにおける判断を早くすることが出来ます。

ビットコインFXでは自分が取引している仮想通貨取引所のレートと板情報だけ見ていれば良いというわけではありません。

例えばbitFlyerFXで取引していてビットコインのロングポジションを保有している場合、bitFlyerFXに大きな売り板がなくてもBitmexやBitfinexに大きい売り板があると蓋となり上昇の妨げとなり得ます。

一つの取引所だけでは把握出来ない情報をDECOBOARDを使えば把握しやすくなります。

[最速]bitFlyer/BitMEX/Bitfinexの板情報を一覧できる"DECOBOARD"

DECOBOARDは無償で利用出来ますが、noteのサポート機能を使って投げ銭することが出来ます。

私も日頃からお世話になっているので少額ですが、投げ銭しておきました。

これからも素晴らしいサービスに期待しています。

DECOBOARDを利用すべき取引時間軸

  • スキャルピング
  • デイトレード

Whale Alert

Whale Alertは直訳するとクジラ警報です。

名前の通り、暗号資産の大口(クジラ)の資金移動やUSDTの新規発行などを知ることが出来ます。

Whale Alertツイッター

Whale Alert公式サイト

Whale Alertのツイッターアカウントは有名ですが、実はサイトもあります。

公式サイトではAPIを使ってアラートを受信することが出来き、有料版では通知する転送資金量などを細かく設定出来ます。

Whale Alertで分かる暗号資産特有の動きがあります。

USDTが新規発行された場合の動き

USDTが新規発行されるとBTCは上昇する傾向があります。

理由としては

①新規発行したUSDTでBTCが買われている。

②USDTの新規発行を知ったトレーダーたちがBTCを買っている。

この2つの理由によりBTCが買われていると推察出来ます。

所有者不明のウォレットから取引所へ大口の資金移動があった場合の動き

所有者不明のウォレットから取引所へ大口の資金移動があった場合、起こりうる可能性は3種類あります。

①ウォレットから取引所に送付された現物が売られる

②MEXなどに送られた場合は、レバレッジロングやショートの証拠金となる。

③アルトコイン購入のための原資となる。

可能性として起こり得るのは大体この3つです。

どの取引所に送付されたのかを見て、起こりうる可能性を推察してください。

例:Binanceに大量のBTC送付⇨アルトコイン購入の可能性

例:Coinbaseに大量のBTC送付⇨現物BTC売却によりBTC価格下落の可能性

例:Binanceに大量のアルトコイン送付⇨アルトコイン価格下落の可能性

このように仮想通貨特有の流れから相場の方向を読んで見るのも非常に面白いです。

Whale Alertによる相場分析は攻略出来れば非常にポテンシャルが高い分野です。

Whale Alertを利用すべき取引時間軸

  • スキャルピング
  • デイトレード

BTC情報アラート

BTC情報アラートでは未確認取引数、BitMEX&Deribit未決済建玉(OI)、ドミナンス、USDT時価総額、LXVX指数をツイートされています。

私は未決済建玉(OI)の情報をよく利用するのでBTC情報アラートには非常にお世話になっています。

開発者はTainokoさんです。

未決済建玉(OI)を使ったトレード手法についても、また改めてご紹介したいと思います。

BTC情報アラートを利用すべき取引時間軸

  • デイトレード
  • スイングトレード

ビットコインFXに役立つ厳選サイトをご紹介しました。

全てのツールを利用しようとすると情報過多になるので、自分の取引手法に合ったツールを厳選し使いこなせるようになりましょう。

基本的にどのツールもそうですが、ツールを使うことで視覚的にわかりやすくなりパッと見ただけで認知しやすくなり状況判断をしやすくなります。

次回のシステムトレーダー編にもご期待下さい。

  • この記事を書いた人

あらし

専業トレーダー/為替9年/仮想通貨3年/高頻度bot運用・裁量スキャ・2WAY業者攻略・需給を意識したアルトコイントレードを主軸にトレード/問い合わせ先:ブログの問い合わせフォームもしくはTwitterでDMお願い致します。

-BTCFX, 厳選おすすめサイト

Copyright© 嵐の仮想通貨ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.