Binance(バイナンス)

Binance Options (バイナンス オプション取引)【最速攻略ポイント】

久々の更新です。

先日Binance Options (バイナンス オプション取引)がリリースされました。

Binance Optionsの仕組みや攻略法について考察してみます。

まずBinance Options (バイナンス オプション取引)のオススメポイントから解説します。

Binance Optionsオススメポイント

  • バイナリーオプションのような仕様で初心者でもわかりやすい
  • 最大損失はプレミアム代なので1トレードあたりの損失が限定されている
  • 最大利益に上限はないので数分でプレミアムの何倍も利益になる場合もある
  • 最大損失が限定されているので両建て戦略などで利益を出すことも可能
  • プレミアムの条件次第ではデリバティブでエントリーするよりも得な場合がある

Binance Options (バイナンス オプション取引) の仕組み

Binance Optionsの仕様としてはコールの買いとプットの買いのみなのでハイローオーストラリアなどのバイナリーオプションをイメージするとわかりやすいです。

オプションガチ勢の人からするとギャンブルっぽいですし、物足りなさはありますが、初心者の人でもオプション取引に参加しやすくなっており個人的には好きな仕様です。

また板方式ではないため、注文の受け手はBinanceになります。なので顧客が勝つとBinaceが損失を被り、顧客が負けるとBinaceが儲かる利益相反関係になります。

顧客と業者が利益相反関係にある場合、出金拒否リスクなどが考えられますが、Binanceなので出金拒否される可能性は低いでしょう。

プレミアムとは?

プレミアムとはポジションを持つためにかかるコストのようなものです。

通常の無期限契約のデリバティブでいうところのテイカー手数料に相当します。

画像の場合、BTC1枚ポジションを持つためのコールのプレミアムは10.3474USDT、プットのプレミアムは10.7489USDTです。

コールの場合で説明するとポジションを持ってから10.3474USDT、ビットコインの価格が上昇すると引き分け(損益分岐点)になります。

例えばBTC1枚のコールポジションを建て建値から110.3474USDT上昇したとするとプレミアム代を引いた100USDTが利益になります。

損失はプレミアム代です。プレミアム代以上に損することはありません。

各項目の説明

  • Quantity:ポジション枚数
  • Premium:ポジションを建てるためのコスト
  • Time to Expiration:残り時間
  • Strike Price:建値
  • Break even Price:引き分けになる価格(Strike Price-Premium) 
  • Unrealized PNL:未実現損益
  • Settle:転売ボタン

Binance Options (バイナンス オプション取引) の取引環境について

Binace Optionsの取引ですが、PC版だと攻略されやすいからか現在はスマホアプリのみでの取引となります。

iOSとAndroidの両方で取引可能です。

Binance OptionsをPCで取引する方法

スマホアプリ版でしか取引出来ないBinance OptionsですがPCで取引することが出来ます。

BuleStacksやNox PlayerなどのAndoroidのエミュレーターをインストールすればPCでBinance Optionsを取引することが可能です。

私はBuleStacksを使っています。

Binance Options (バイナンス オプション取引) の仕様のおさらい

Binance Options攻略に行く前に仕様のおさらいをします。

プレミアムの値は固定なのか?

プレミアムは変動性です。ボラティリティに応じて変動します。

プレミアムの値は上下均一なのか?

プレミアムの値はコールとプットで異なります。基本的にはBinanceがポジションを持たれたくない方のプレミアムの方が広がる傾向になります。

上昇している時はコールのプレミアムの方がプットのプレミアムより高いかというと必ずしもそうではありません。

短期で急騰するとストップを狩って最後はヒゲを付けるパターンが多いですが、ヒゲキャッチをされたくないBinanceがプットのプレミアムをコールの2倍くらいに広げる場合もあります。

これは後でお話しますが、これを使って相場予測する余地があるのではないかと思っています。

最大保有枚数は?

最大保有枚数は20BTCです。

1枚ポジション建てても20枚ポジション建てても約定レートは特に変わらないかと思います。

そこもバイナンス オプションのメリットの一つです。

Binance Options (バイナンス オプション取引) 攻略ポイント

基本的に10m(10分)のオプションだけ触っています。

長いオプションを使うとしたら、半減期の日などでしょうか。ただしプレミアムが高いのであまりオススメ出来ません。

利益に関しては上限がないので、数分程度でプレミアムの5倍~10倍の利益になることもあります。

Binance Optionsの登録はコチラ

攻略ポイント①:プレミアムが割高か割安かをチェックする

プレミアムが割高か割安かをチェックする。

大体1BTCあたりのプレミアムの変動は大体6$~50$くらいです。

4月29日のような動きでもプレミアムは最大25USDT以内くらいを目安にエントリーするようにしています。

25USDTもコスト払ったらデリバティブでエントリーした方が得ではという話なんですが、そういう場合はBitmexとかは注文自体通らなかったり成行だと滑る場合が多いためオプションの方を使っています。

たまにオーバーしててもエントリーしていますが、相当エントリーの精度が高くないとリスクの方が大きいかなと個人的には思います。

基本的に10mのオプションにおいてはBitmexやBinanceFでポジションを建てた方が得なら割高です。

ですが単純にテイカー手数料だけではなく、サーバー遅延時の注文の通りにくさや滑りなども考慮してどちらが得か判断する必要があります。

Binance Optionsの場合は、基本的にBinanceが注文を呑んでるだけなので、サーバー遅延時のBitmexなどと比べると遥かに注文も通りやすいし滑りも少ないです。

攻略ポイント②:両建てで勝てるシチュエーションを狙う

損失はプレミアム代に限定されるので両建てでも勝てるシチュエーションがあります。

コールとプットを両方買って10分以内にプレミアム×2倍以上のボラティリティが見込める場面などです。

プレミアムが異常に安くてボラティリティが見込める場合などは安易な両建てで割と勝ててしまっています。

攻略ポイント③:時間限定で値動きが見込める場面を狙う

時間限定で値動きが見込める場合にBinance Optionsを使う。

具体的を挙げるとBitmexのFRが上限下限±0.375%の時に日本時間の5時、13時、21時の動きを狙う場合などです。

あとは日足確定後の動きなどでしょうか。

攻略ポイント④:プレミアムの値付けがおかしい場面を狙う

攻略ポイント①と被りますが、プレミアムの値付けについては、リリースされたばかりなので完全に最適化されてるわけではないと思っています。

Binance側もどういう場合に顧客に抜かれるのか探っている段階です。

なので監視しているとボラティリティに対して異常にプレミアムが安いなと思う場面がちょこちょこあります。

私が主にポジションを持つのはこの場面です。ボラティリティが大きく且つプレミアムの値付けがミスっていると判断した時に主にエントリーしています。

攻略ポイント⑤:低ボラから高ボラに切り替わるタイミングを狙う

低ボラから高ボラに切り替わるタイミングを狙う。

例えば:ブレイクアウトなどです。

攻略ポイント⑥:積極的に転売を使う

基本的にポジションを建てた後はBTCFXとあまり変わらないので利確したいポイントまで来たら積極的に転売を使う。

10分間の統計等でエントリーしているならば満期まで持つ必要がありますが、そうでないならば利確したいポイントで転売で問題ないです。

負けパターン①

プレミアムが安いからといって、ボラティリティが見込めないのに両建てポジションなどを組み続ける。

プレミアム代以上損失出ないからといって、両建てポジばかりに頼ると結構負けられます。

両建てを使うのはボラティリティが見込めて、尚且プレミアムが異常に安い場合のみがオススメです。

基本的には通常のBTCFXと同じで方向予測によってポジションを建てるのが前提です。

負けパターン②

ボラティリティが高い時にプレミアムを確認せずポジションを持つ。

異常にプレミアムが高い場合もあるのでポジションを建てる前に常にプレミアムは確認しましょう。

Binanceと利益相反関係なのに顧客に勝つ余地はあるのか?

これは断言します。あります!

理由は抜けるポイントを全部塞いでしまうくらい条件を悪くすると誰も取引しなくなってサービス自体終了してしまうからです。

パチンコなどと同じで大数の法則に基づいて胴元が儲かる仕組みにはなっていますが、全員が勝てないわけではありません。

特にリリースされたばかりの商品なので攻略要素が沢山残されています。

また胴元が儲かりすぎた場合は還元するためにプレミアムの価格が安く設定され顧客が勝ちやすくするなども考えられます。

逆に顧客が勝ちすぎた場合などは回収するためにプレミアムの価格が高く設定される可能性があります。

口座凍結リスクはあるのか?

最大手のバイナンスといえども顧客と利益相反関係の仕組みなので可能性としてはあります。

あとKYCなしでも利用出来てしまうため、攻略出来た人は恐らくアカウントを量産して稼ぎに行くでしょう。

凍結リスクが怖い場合は念の為Binance Options用のアカウントを作ってみてはいかがでしょうか?

Binance Optionsの登録はコチラ

Binance Optionsの可能性について

Binance Optionsの場合は1垢で20BTCまでポジションを持てるので攻略出来ればかなりポテンシャルあるんではないかと考えています。

途中で穴が塞がれる可能性は高いですが、1垢1000万円くらいならありえるんじゃないかと思っています。

番外編:プレミアムの値を使った相場予測の可能性について

プレミアムの値が上下均一ではないというお話をしましたが、基本的にはバイナンスがポジションを持たれたくない方のプレミアムが高いです。

例えば:コールのプレミアム25USDT、プットのプレミアム50USDTの場合などはバイナンスとしてはショートポジションを持たれたくないと言えます。

4月29日にプットの方のプレミアムがコールの2倍くらいになっている場面がありました。

なのでこのプレミアムの偏りを使って、bFなどでポジションを建てるなど相場予測のツールとして使える可能性があります。

APIが提供されていないのでプレミアム値を取得するハードルが高いですが、攻略出来たらこっそり教えて下さい笑

Binance Optionsの登録はコチラ

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

あらし

専業トレーダー/為替9年/仮想通貨3年/高頻度bot運用・裁量スキャ・2WAY業者攻略・需給を意識したアルトコイントレードを主軸にトレード/問い合わせ先:ブログの問い合わせフォームもしくはTwitterでDMお願い致します。

-Binance(バイナンス)

Copyright© 嵐の仮想通貨ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.